The PEAKS ラウンドガールプロジェクト


<はじめに>
本企画は、2022年6月5日のラウンド10榛名山での開催で、10回目を数える「日本最強!最悪!」をキャッチフレーズにした日本で一番ハードで悪名高い、唯一無二の独創的なサイクリングイベントであるThe PEAKSに、ラウンド10から、新しいイベントキャラクターを登場させて、より独創的で魅力溢れるイベントにしていくためのプロジェクトです。

<コンセプトと依頼の経緯>
The PEAKSでは従来コンテンツなどの狂言回しなどで、負け犬キャラクターの「ルーザーくん」が活躍してくれています。
ルーザーくんについてはこちら参照
ルーザーくんのようなキャラクターによる「色気」はすごく重要ですが、ルーザーくんだけに頼りすぎていて、彼の負担が大きいため、彼を助けて(?)彼を可愛がってくれる新たなキャラクターを作ることにしました。
それがラウンドガールです。

一般的でありきたりな自転車イベント(ほとんど全てのライドイベント)は、年1回、毎年同じ時期に同じ開催地、同じコースで同じイベントを繰り返すだけですが、The PEAKSは日本で唯一(おそらく世界でも唯一)年2回、開催地を変えて行うライドイベントであり、毎回次はどこでいつやるのか、来年の2発はどこでやるのか、という話題が自転車乗り達の間での関心事になっていて、発表するとSNSで大きな波紋を呼ぶイベントです。

そこで今回の新しいキャラクターは、毎回開催地を変えて行う「ラウンド」ごとに、ラウンドガール(イラストキャラ)を作り、そのキャラに各ラウンドのコンテンツの華になってもらい、ルーザーくんと共にイベントを盛り上げてもらう、という企画になります。

自転車乗りの中にはアニメキャラファン多く、「痛ジャージ」と呼ばれるキャラジャージを着ているライダーも多くいます。(The PEAKSの参加者にもそれなりの数います)
魅力あるラウンドガールキャラは各ラウンドの「色気」となり、コンテンツを飾ってくれ、参加者を鼓舞し、楽しませてくれる存在になってくれるはずです。

The PEAKSは現在参加者400人前後のさほど規模が大きくないイベント(大型のライドイベントだと数千人というイベントもいくつかあります)で、しかも年2回開催地を変えて実施していることも含めて、他のイベントのように営利追求のためのイベントではありません。(利益追求であれば毎年同じ開催地でやれば開発コストや経費も全然かからないので)

主催者である私達も自転車乗りで、イベントのスタッフも全員自転車乗り、という「自転車乗りによる自転車乗りのためのイベント」であり、スポンサー企業や自治体に依存しない開催をしている非営利イベントです。(主催者は別に収入を得るための仕事をしてますので)

ですので、今回のキャラクター制作に関しては、
・私たちのこのイベントに対する思いや情熱を理解してくれて
・このイベントにキャラクター制作で参加することにご自分の意義を感じてくれ
・一緒にイベントを作っていく、という気持ちで、イベントを引っ張るキャラクターを作ってくれる方
を探しています。
もちろん仕事としてイラストを描かれているイラストレーターの方に仕事をお願いするのですから、ギャラはちゃんとお支払いしますが、予算がふんだんとはいえないので、その点あらかじめご了承いただき、このプロジェクトに参加することの意義を感じて、ビジネスを超えて協力してくれる気持ちを持っていただける方をタッグを組ませていただければと考えています。

ご自身が作ったキャラがこのイベントを彩っていることの公表は全くかまいません。現在は私たちlongridefan.com(The PEAKSの主催者です)のサイトの中にあるThe PEAKSというカテゴリーでThe PEAKSのコンテンツを展開していますが、The PEAKSコンテンツを次のラウンドまでにオリジナルサイトとして独立させますので、そのサイトの中でラウンドガールキャラコーナーページを作り、そこで作者としてのプロフィール紹介などもさせていただければと考えていますので、その点もOKしていただけることが必要になります。

(The PEAKSは「人が見えるイベント」というのも特徴のひとつで、通常であればイベント主催者はあくまでも黒子であり、「主催者と参加者(お客様)」という関係性になるのが一般的なライドイベントですが、うちのThe PEAKSは、先ほど書きましたよう私たち主催者やスタッフも全員自転車乗りなので、「主催者と参加者が同じ自転車仲間同士」という関係性を持った唯一の100人以上規模でのイベントであり、実際私も多くの参加者とfacebookやTwitterで繋がっています。)
そういう意味でもキャラクター作者として参加者に広く紹介していくことは、うちのイベントのポリシーにも合致しているので、ぜひこのイベントのキャラクターは自分が背負っているんだ、という自負をもってやっていただければと思います。
(ちなみに既存のキャラクターのルーザーくんは、私と一緒にやっているスタッフ(webクリエイター、グラフィックデザイナー、イラストレーター、ビデオクリエイター)が描いてます。
私も本職はプランナーでThe PEAKSのコースプランニングから各ラウンドのプランニング、ディレクションを行うディレクターですが、サイトのコンテンツも全部自分で作っています。(図版やイラストなども含めて)

longridefan.comは本業はグラフィックデザインからスタートしたデザインプロダクションで、インターネットの登場した1990年頃にwebデザインスタジオとして様々な企業のなどのサイトを作ってきたクリエイター集団です。
現在のThe PEAKSの広告・広報に関わるコンテンツは、誰にも依頼することなく、全て私たちがインハウスで作っています。
ただし萌えキャラ系イラストを描く技術はないので、今回協力してくれるイラストレーターを探しているところです。

とりとめもなくご依頼に当たってお伝えしておきたいことや、経緯などを書きました。

The PEAKSについては以下URLにも情報がありますので、よろしければご覧ください。

The PEAKSとはどういうイベントか(初挑戦する方向けの案内ページ)

The PEAKSのコンセプトを伝えるためのメッセージポスター集


次に、以下、描いていただくキャラクターをどう使っていくのかをお伝えするために、イメージをお伝えするために私がアバター制作アプリなどを使って作ったものを参考に掲載します。


※このページの画像はクリックすると拡大画像を新しいウインドウで開きます。

ここに4人のキャラクターがいます。絵はアバターアプリを作って作ったものに、自転車用ヘルメットの写真を加工してかぶせています。ウエアはTシャツにThe PEAKSのデザインを入れてますが、実際にキャラを描いていただくときには、ヘルメットをかぶったイラストで、ウエアはサイクリングジャージ(無地で結構です。ウエアの色は白にしてもらい、こちらで配色させていただくか、こちらで無地の色を指定させていただき、柄はこちらで入れるようにするか、どちらかにさせてもらえればと考えています。)

キャラクターは年2回の開催にあわせて年2人を描いていただくことになります。(同時に2人づつアップしてもらっても結構ですし、時期をずらしてのアップでもかまいません。)
開催は毎年6月頃と9月頃で、その半年前から開催告知とエントリー受付を開始する予定なので、キャラクターも開催半年前にアップしていただけるのが理想です。
ただし次回の開催となるラウンド10は2022年6月に開催なので、すでに半年前を過ぎていますが、なるべく早め(2022年1〜2月)に発表できればと考えています。
キャラクターの名前は開催地にちなんでつけていこうと思っていますこの4人だと

開催時期・ラウンドナンバーと開催地 キャラの名前
2022年6月・ラウンド10 榛名山(群馬) 「はるな」
2022年9月・ラウンド11 奈良吉野(奈良) 「よしの」
2023年6月・ラウンド12 蓼科(長野) 「しなの」(長野県の旧名:信濃)
2023年9月・ラウンド13 石鎚山(愛媛) 「いよ」(愛媛県の旧名:伊予)

こういう感じで考えています。

キャラクターはそれぞれの開催地の地域性にこだわった感じにしてもらう必要はありませんが、各ラウンドのキャラクターが、ルックス(特に目周り)やスタイル、性格などもできるだけ差別化して、個性豊かなキャラとしてひと目で見分けがつけれるようにしていただければと思います。(サンプルもそんな感じにしました。)

こんな感じのキャラの差別化(振りはば)でもいいかと思います。
アイドルマスター https://starlit-season.idolmaster.jp/idol/

キャラの年齢はJK〜JD(18〜20歳前後)ということで、JKでもかまいませんが、あまり幼い中学生とかには見えないようにしてください。
タイプはバラバラでも全員、男子から好まれる美形キャラでお願いします。(当面は三枚目キャラなしで。)サンプルのようにメガネっ子はいてもかまいません。

ラウンドガールは各ラウンドのキャラクターであると同時に、本人も「自転車乗り」という設定にするため、サイクルウエアやヘルメットを被っているように描いていただきます。
サイクルヘルメットは、いろいろなメーカーからいろいろなデザインのものが出ていますが、その中から適当なデザインのをいくつか選んでいただき、それをベースにある程度キャラごとにヘルメットも変えたりしていただければと思います。
ヘアスタイルやカラーはできれば「そういう髪の女子サイクリストがいてもおかしくない、という程度にしていただければと思います。(真っ青とか真っ赤とかいうド派手カラーや、腰までの超ロングヘアとかものすごく広がったヘアなど、キャラとしてはいいのですが、あまりにヘルメットをかぶった自転車乗りとしておかしい感じのは避けていただければと思います)
またサイクルウエアやサイクルシューズなどについて描いていただく上での注意点などがありますが、そのへんは制作スタート前にオンラインミーティングさせていただき、その際に話させていただきたいと思います。
キャライラストは、アート的な感じではなく、どちらかと言えばラインのはっきりしたコミック系の感じが希望です。

このページのサンプルは、こちらのイメージをお伝えするために、私がアバターアプリを使って作ったものをベースに加工して作ったものです。実際には、描きおこしていただきたいのですが、このアバターイラストに似せてもらいたい、という意向はありません。あくまでもオリジナルで作っていただければと思います。

次にキャラクターの用途ですが、次のような展開を考えています。

1.ポスターやフライヤー(各ラウンド告知用)

まず上記のようなキャラメインのポスターを制作し、そのラウンドの参加者で希望者にポスター配布します。
また各ラウンドの告知フライヤーを作成し、サイクルショップやサイクリストの多いカフェなどに店置きしてもらうこともあり、そういう印刷物にもキャラを使ったりします。

2.等身大パネル

各ラウンドのスタートゴール地点に参加者が撮影するためのバックボードを設置しますが、そこに等身大の全身パネルを作成し、参加者の撮影用に使ってもらうようにします。
(このサンプルはTシャツ、ショートパンツ、ロングブーツになっていますが、実際に描いていただく時にはサイクリングジャージ、レーサーパンツ、ソックス、サイクリング用シューズで描いていたくことになります)

3.SDキャラグッズ(キーホルダーやステッカーなど)

各キャラクターを描いていただくときに、同時にチビキャラも描いていただき、それを使ったステッカーやキーホルダーなどのグッズを作って参加者に参加記念品として配布したり、また販売する場合もあります。

4.メッセージポスター(The PEAKSコンセプト訴求用)
今回のプロジェクトのメインアイテムとなるポスターです。各キャラクターの個性(性格やライドに対する姿勢や経験など)に合わせてコピーワークします。

キャラを使ったThe PEAKSのメッセージポスターを作り、参加者にキャラポスターと同時に配布します。
キャラクターを描いていただく際には、基本的には「背景なし」で描いていただき、切り抜きで使ったり、このポスターのように、こちらで背景を付けたりして使わせていただきます。

このポスターサンプルをご覧いただければわかるように、こういうポスターで使ったりする場合は、正面の真面目な顔ではなく、例えばライドしたあとで汗まみれで、心拍があがって顔も紅潮していて、疲れて満身創痍だけど、でも走り終わった充実感に満ちている表情をしていたり、例えばボトルの水を飲んでいる状態だったりというように、こちらでキャラクターの姿勢や表情などのディレクションをさせていただき、それに沿ってキャライラストを描いていただく必要があります。

5. サイクルウェアやTシャツ

The PEAKSでは従来は、各ラウンドで完走した人だけが、フィニッシャージャージと言われる完走者専用ジャージを作れたりするようにしていますが、これとは別に、各ラウンドでエントリーした人を対象として誰でも買えるジャージを作って販売することも考えています。(参加者数が少ないイベントなので、販売とは言っても数十枚程度で、イニシャルの開発コストを差し引いて赤字にならなければいい、というレベルの販売です。販売するのは、販売利益が目的ではなく、このジャージを着た自転車乗りが他のところでこれを着てくれることで、The PEAKSの宣伝に繋がってくれることを目的とするものです)

また開催記念に会場で販売するTシャツにもキャラを入れることも検討しています。こちらはフルカラーで入れる場合もあれば、モノクロ線画の表現でシルク印刷1色刷りにすることもあります。

6. サイト内のコンテンツや印刷物
The PEAKSサイトの各ラウンドに関するページのタイトル画像やページ内画像、参加者に配布するマップなどにキャラクターイラストをカット的に入れます。
The PEAKSの過去の記事をご覧いただければと思いますが、ルーザーくんキャラをタイトル画像などに色々と登場させています。
これと同じように、各ラウンドのキャラクターにも、そのラウンドで掲載する記事や、参加者に配布する印刷物にもキャラを使ったりします。


このように、描いていただいたキャラは多彩に使わせていただくつもりなのと、ある程度こちらでの加工(サイクルウエアの図柄や背景付、セリフ吹き出しの追加など)をさせていただける自由度認めていただければと思います。(キャライメージを壊すことないように最大限の配慮をしますし、手を入れる場合にはその都度確認してもらうようにします。)

制作いただく内容
描いていただくキャラクターについて、改めてリストにすると次の通りになります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.背景なし全身正面イラスト(棒立ち姿勢で、カメラに向かってポーズしている感じ。手だけ動かしてVサインしたりガッツポーズにしたもの)1点
 〜差分として「笑顔」「口を開いてしゃべっている顔」の2点の表情差分をプラス
 ウエアは白無地でこちらでウエアの中の配色やデザインを追加させていただきます。
 輪郭と配色を別レイヤーにしたPSDデータ希望
 ※ポーズや体の向きはキャラごとに変化をつけるために変えていただくことがあります。

2.背景なしバストショット(メッセージポスター用に、向きや姿勢、表情などこちらで指定させていただきます。)1点
 〜ヘルメットカラーは指定させていただきます。ウエアのデザインもこちらでデザイン起こししたものをお渡しして描き入れていただくことになります。
 〜背景なしでキャラのみ描いていただき、背景はこちらでつけさせていただきます。(上のサンプル参照)
 〜描いていただいたイラストキャラ自体はこちらでは手を加えることはありません。

3. SDキャラ 背景なし全身2点(自転車を横に支えた棒立ち1点と自転車に乗っているところ1点)
 〜差分として棒立ち用に「笑顔」「口を開いてしゃべっている顔」の2点の表情差分をプラス。躍動ポーズ用に「笑顔」と「苦しいけど頑張っている表情」の2点を差分で。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上で作業ボリュームをお考えください。
そして年2人のペースでとりあえず5年で10人くらいまではキャラ作成を続けたいと思っています。

こういう感じのリクエストになります。
イラストレーターの方にとって失礼な点がある依頼かもしれませんが、その点あらかじめご容赦ください。

キャラクターイラスト作成の作業ボリュームやかかる時間が多いのか少ないのかが、正直わからないのですが、こちらの意向や用途などをできるだけ詳しくお伝えしたつもりなので、このリクエスト対してご協力いただき、キャラクター作成をご担当いただけるのかどうか、と、お受けいただくことが可能な場合、キャラ作成1人分(イラスト1点につきいくら、というのではなく)の制作ギャランティのご希望額をお出しいただければと思います。(予算的には安すぎるかもしれませんが、一人分15万程度でお願いできればと、勝手な希望で考えています。)
著作権は保持してもらったまま、描いていただいたイラストの使用料は当初の用途として記載している範囲内については含んでいるものとして考えていただければと思います。
よろしくご検討のほど、お願いします。
なお、納期については、ご相談の上、無理のないスケジュールでお願いできればと考えています。
(直近のラウンド10:2022年6月5日開催、が、本年11月末よりエントリー開始になり、来年9月開催予定のラウンド11が2022年1〜2月にはエントリー開始になるため、ある程度早めに作業にかかっていただければありたがいですが、そのへんはご相談させてください。)

本件に関しての質問等ありましたらご遠慮なくご連絡ください。
The PEAKSディレクター&コースプランナー
伊東俊喜
メール:4126@longridefan.com
携帯: 080-6535-7240

追伸)このページに掲載されている内容については全て非公開の情報になりますので、第三者に他言されないようお願いします。


第一弾の製作仕様

条件面で問題がなく、キャラクター制作をお引き受けいただける、ということになれば、第一弾についてはなるべく早く着手いただきたいので、制作第一弾キャラ「はるか」の仕様を以下にお伝えします。

<はるか>キャラ プロフィール
第一弾になるため、正統派美少女タイプで行きたいと思います。
身長やスタイル:身長165cm程度、バストはやや大きめ(84Dくらい)
ルックス:明るい美少女。アニメでいう主人公タイプ。髪はやや薄め/赤めのブラウンカラー、ヘアスタイルはおまかせしますが、自転車乗りなので、超ロングではなくミディアムかセミロング程度で。長めの場合、両サイドで束ねたり、後ろで束ねたりとかは実際にする女性サイクリストも多いですが、束ねないままでも全然かまいません。
性格:人気者で明るく活発で社交的/世話好き。勉強はやや苦手だが活発で運動は割と得意。男子からの人気も絶大。動物好きでぬいぐるみとかも好き。

こんな感じで考えています。

1.全身イラスト(等身大パネル及びキャラ訴求ポスター用)
ヘルメット、サイクルジャージ(上)、レーサーパンツ(下)、普通サイズのソックスと、サイクルシューズ(革のロードバイク専用のシューズ)
ポーズは、以下のサンプルのように、The PEAKSのマスコットキャラの「ルーザーくん」のぬいぐるみを右手に抱いて、もう左手で、カメラに向かってポーズをつけている正面姿勢。左手のポーズはこの通りでなくてもかまいません。ヘアスタイルも自由に。ヘアカラーはピンクではなく先ほどの指定の感じで。


ポスターは全身キャラをバストショットでトリミングして使います。
全身キャラは「カメラに向かってポーズしている」という絵が基本になります。(等身大パネルも参加者と一緒の記念撮影用なので)

2. SDキャラ
脇にある自転車を片手で支えて立っている姿勢 1点と、バイクに乗っている姿勢1点
〜差分として棒立ち用に「笑顔」「口を開いてしゃべっている顔」の2点の表情差分をプラス。躍動ポーズ用に「笑顔」と「苦しいけど頑張っている表情」の2点を差分プラスで。

SDキャラのサイクルウェアは白無地で描いておいてもらい、こちらで配色とデザイン入れするのでかまいませんが、こちらで指定して描いていただくのでもかまいません。
自転車は、「ロードバイク」でお願いします。このサンプルのようにドロップハンドルで細身のホイール(タイヤ)であれば、細部の描き込みは不要です。色はキャラに合わせておまかせします。

3. バストショット(メッセージ訴求ポスター用)
下記のサンプルのような背景+キャッチコピー+ボディコピーに合うイラストをお願いします。
(下のポスターの背景やコピーはほぼ本番のものだとお考えください。)


このイラストの場合、無地の白ウェアを私の方で着色+デザイン入りして背景に配置して、夕陽の当たっている感じの処理をしましたが、ウエアへのデザイン入れやライティングによる陰影処理なども含めて全部をやっていただくのでも、かまいません。(本当はそのほうがいいでしょうし)

↓キャラなしの背景+コピー


上記、第一弾の「はるな」キャラ制作の進行は、上記1→2→3の順に制作作業を進めていただき、順次納品してもらい、最終的には、1月末〜2月中旬位のアップが希望です。(そのあとすぐに第二弾の「よしの」に取りかかっていただきたいと思います。)
「よしの」は「体育会系のバリバリアスリートという感じの色黒、黒髪、ショートカット、小柄で貧乳系のボーイッシュな子」にするか、「背の高いクールな勉強ができる、ストレートなロングヘアのお嬢様系、超美人な子」のどちらかで考えています。


PAGE TOP