The PEAKSラウンド5蓼科2019 一般エントリー受付開始

今年9月1日に長野県蓼科で開催されるThe PEAKSラウンド5の一般エントリーを2月21日よりスポーツエントリーにて受付開始しました。同時に、本番前日(8/31)および当日(9/1)、スタート地点最寄りのヴィレッジ女神湖への宿泊ご希望の方への申込も本サイトにて開始しましたので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。


ラウンド5の舞台は長野県立科町「女神湖畔」をスタートして蓼科・霧ヶ峰エリアを走る走行距離193km、獲得標高5,154mのコース。
2018年7月8日、悪天候による開催中止で、幻のラウンドとなった「ラウンド5蓼科」。The PEAKS史上最高の絶景を味わえる高原コースでのライドを、2019年9月1日にリベンジ開催します。
まだThe PEAKSに出たことがないフレッシュチャレンジャーの初挑戦に最適なラウンドです。
この日本最強のチャレンジに熱い思いをぶつけてくれる勇敢なチャレンジャー320名を募集します。
なお、The PEAKSは「完全自己責任での個人ライド」を原則としたサイクリングイベントですので、コースに案内表示や誘導スタッフはいません。ミスコースしないで走ることも完走に必要なスキルとなります。トラブルへの対応なども自己対応になりますので、その点を理解してご参加ください。
日本のロングライドイベント史上、最も完走が難しいライドイベントで「真の坂バカ」の実力を証明しませんか。

コースは女神湖畔をスタートゴール地点として4方向に伸びたルートを往復する形になっています。
一般エントリーと変態割エントリーの方は、スタート時に4つのどこから走るかを自分の希望で指定できます(定員によっては希望通りのスタートルートにならない場合もあります)。
スタートルートを走ったあとは、残り3ルートをどういう順番で走ってもかまいません。
4つのルートを全て走破して18:00までにゴール地点に戻れば完走となります。
レースではありませんので、タイム計測は行いません。交通法規を守って制限時間までに自力でゴールに戻ってこれるようにライドしてください。途中ゴール地点に一旦戻ってそこで終了(リタイア)することはかまいません。各ルートの途中でリタイアする場合も、自力でゴール地点に戻っていたただく必要があります。

なぜラウンド5が初挑戦にピッタリなのか?

1. 途中でリタイアしやすいコース設計

ラウンド5のコースはスタート&ゴール地点を中心として4分割して4方向に伸びたコースになっています。各コースを往復したあとはゴール地点近くを通るようになっているので、途中で心が折れたり、力尽きたり、体調が悪くなったりした時にも、ゴール地点に戻ってリタイアしやすく、精神的に楽です。

ラウンド5完全攻略のためのワンポイントアドバイスはこちら(新しいウインドウで開きます)

2. 新緑の気持ちいい高原でのライド

ラウンド5のコースは蓼科や霧ヶ峰の新緑や高原の展望を満喫できるコースになっていますので、完走にこだわらなくても、気持ちのいい山岳サイクリングを楽しむ、という感じでエントリーしてもらうことができます。

3. スタート・ゴール地点のすぐ近くに前日や当日の宿泊先を確保できます

女神湖湖畔スタート地点から近いヴィレッジ女神湖をイベント前日は貸切で確保。イベント終了後の当日泊も含めてリーズナブルに宿泊してThe PEAKSに臨むことができます(女神湖付近には他にもホテルや旅館などの宿泊施設が多いのでバッチリ休んで本番に臨んでいただけます)。

ヴィレッジ女神湖宿泊申込フォームへ(新しいウインドウで開きます)

4. スタート時間が遅め

ラウンド4での一般スタート時刻は日の出前の4:30〜でしたが、ラウンド5の一般スタート時間は日の出後の5:30〜なので、気持ちのいい朝からスタートしてもらえます。

5. 早い時間帯での足切りがない

4方向に分散して戻ってきやすいコースになっているために、早い時間帯での足切りの設定がなく、ギリギリまで粘れるようになっています。

初挑戦者向きにコースや制限時間などをぬるくしたりはしていません。あくまでもThe PEAKSであることにはかわりないので、完走するには相当のタフさが要求されます。
しかし完走できなくても、The PEAKSの真髄に触れるには、こんなにいいラウンドはないので、そういう意味で「ぜひ初挑戦の方に、The PEAKSを自分の目で、体で、脚で、体験してもらえれば」と思っています。

主催

The PEAKSラウンド5実行委員会(longridefan.comプロデュース)

開催日

2019年9月1日(日)

開催地・コース

蓼科・霧ヶ峰エリア(長野県)
立科町女神湖畔をスタートゴール地点とする走行距離193km、獲得標高5,154mのコース(ド変態増の場合は226km)

コースマップ

R5Map-only3

A4 PDF版コースマップ コースマップ(A4サイズ)はこちら
ルートデータ <ルートラボデータ>

The PEAKSラウンド5蓼科 通常エントリールート(変態割エントリーも共通)
https://yahoo.jp/CCASAd

The PEAKSラウンド5蓼科 ド変態増しエントリールート
https://yahoo.jp/AR3p_V

※Garminなどに読み込めるGPXデータをダウンロードできます。
※スタートルート1から2→3→4の順に回った場合のものです。あらかじめご了承ください。

<Ride with GPXデータ>

The PEAKSラウンド5蓼科 通常エントリールート(変態割エントリーも共通)
https://ridewithgps.com/routes/26519405

The PEAKSラウンド5蓼科 ド変態増しエントリールート
https://ridewithgps.com/routes/26727574

※Ride with GPSのスマホアプリ(iOS用とAndroid用あり)を使えばスマホ上で、ルートを閲覧できます。(注)バッテリーの消費が大きくなるので注意が必要。モバイルバッテリーなどを用意しておきましょう。
※Garminなどに読み込めるGPXデータもダウンロードできます。
※スタートルート1から2→3→4の順に回った場合のものです。あらかじめご了承ください。

開催の10日前くらいにコースガイドを郵送にてお送りしますが、コースガイドはコースの概要がわかる程度のものですので(詳細な曲がり角などの情報までは入っていません)、詳細については、参加者各自でルートラボのデータやGoogle Mapなどで確認しておくようにしてください。また事務局ではコマ図やキューシートも配布しませんので、必要な方は各自で準備してください。

スタート時刻及び制限時間(変更になる場合もあります)

5:30〜スタート
ゴール制限時刻18:00(一般エントリーの場合:12時間半)
※コース内数カ所にカットオフタイムの設定あり。その時間に通過しない場合はその時点でリタイアとなります(カットオフタイムのポイントと時間は後日発表になります)。

走行方式

自己責任による個人サイクリングになりますので、先導やコース案内はありません。レースではないので、リザルトは計測しません。制限時間内に必要条件を満たしてゴールすれば全員同じ完走となります。

チェックイン

スタート・ゴール地点の女神湖 運動公園にて以下の日程で受付(チェックイン)を行います。
前日チェックイン 8月31日(土)15:00〜17:00
当日チェックイン 9月1日(日)05:00〜06:00

駐車場

スタート地点となる女神湖湖畔の無料駐車場もしくは、前日現地泊の場合は宿泊先駐車場にライド終了まで車を置かせてもらうよう依頼してください(無料駐車場位置はイベント前に郵送するコースガイドに記載)。

宿泊

女神湖周辺にある宿泊施設をご利用ください。
なお、女神湖畔にある新宿区保養所「ヴィレッジ女神湖」を前日(8/31)は貸切で、当日(9/1)は一部の部屋を確保していますので、こちらに宿泊ご希望の方は、レッジ女神湖宿泊申込フォームからお申し込みください。
「ヴィレッジ女神湖」は一泊二食税・サービス料込で部屋によりますが5,000円前後となります。フォームにて定員いっぱいまで宿泊受付をしますが、実際の宿泊料の支払いは宿直接になります。
またヴィレッジ女神湖は5〜6人部屋になりますので3人以下でのお申し込みの場合は相部屋になりますので、あらかじめご了承ください。女神湖周辺にはホテル等もありますので、相部屋だと不都合な方はご自身で宿泊先をご手配ください。

ヴィレッジ女神湖宿泊申込フォームへ(新しいウインドウで開きます)

保険について

全参加者に対して傷害保険に加入しますので、万一ライド中に怪我や体調不良で病院に行くことになった場合には、大会本部に連絡の上、保険の適応を要請してください。
ただし保険は医療行為に関する保険だけですので、転倒・落車・事故などによるバイク機材の破損などについては保険の対象外となりますので、必要に応じて各自で保険に加入してください。また通院に関する日額の保障額はわずかですので、必ずご自身でも自転車保険に加入してください。

バイク機材及び必要な装備について

バイク機材については、安全に走行できる二輪バイクであればロードレーサー、クロスバイク、マウンテンバイク、小径車、シングルスピードやピスト(ブレーキ必須)、ママチャリなどの車種は問いません。ただし電動アシスト付の自転車、e-bikeは禁止です(そんな方はいないと思いますが)。またタンデム自転車およびリカンベントでの参加もできません。装備等については、以下の規定通ではない自転車での走行は禁止し、当日出発前のチェックで不備や問題が見つかった場合には、出走を禁止させていただきますので、必ず下記規定を遵守してください。

  • 前後ブレーキの装備(ブレーキシューやパッドが安全な制動が著しく摩耗していないこと)
  • ベルの装備
  • 前後ライトの装備。フロントライトはポジションライトで結構です。
     前後ライトは終日点灯してください(リアライトの点滅は禁止です)。
  • パンク修理道具、ポンプ、予備チューブ(必ず2本はお持ちください)もしくはタイヤの装備
  • タンデムを含む2人乗りの禁止
  • DHバーの装備および使用禁止
  • ヘルメットは必ず着用すること

参加規則

The PEAKSはブルベ同様に「参加者は一切を自力で行わなければならない。コース上では、伴走車やいかなる種類のサポートも許可されない。」という規則が適用になります。特に参加者以外の部外者による伴走や道案内、走行補助、荷物等運搬、バイク機材や消耗品等の提供等、事務局がサポートと見なす行為を受けたことが判明した場合や、事務局が提供する補給飲食物を参加者以外の第三者に配布するなどの行為があった場合は、当該参加者は失格となります。また走行終了後にその事実が判明した場合は、完走取り消しとなります。
The PEAKSでは安全な走行に支障のある横並び走行を禁止します。横並び走行で、一般通行車両の通行の妨げになったり、また他の参加者の通行や追い抜きを阻害するような走行をしたことが判明した場合も、失格となります。
また交通法規を遵守しない走行や、事務局スタッフが危険と判断する走行をしている場合など、スタッフの判断でその場で失格とさせてもらう場合もありますので、予め承知してください。

補給

コースマップに記載したエイドステーションとスタート&ゴール地点にて水、飲料、食料の補給ができます。
エイドステーションでの補給飲食品予定:ミネラルウォーター、スポーツドリンク、清涼飲料・ジュース類、フルーツ(バナナ、オレンジ等)、パン、おにぎり、ポテトチップス、チョコ、クッキー類、塩あめ、塩タブレット、エナジージェル等)この他にポイントや時間帯によってはカレーや汁物などの食事の提供もあります(コースガイドに記載します)。なお、補給飲食品は時間帯が場所によっては一部が品切れになったりする場合もあります。

参加記念品

あり。チェックイン時に配付します(エントリーフィーに含まれます)。

ゼッケン

番号のついたゼッケンはありませんが、参加者の目印としてシリコン製リストバンドをチェックイン時に配付しますので、それをかならずライド中は手首につけておいてください。

クローク

当日(9/1)は受付開始時05:00よりスタート地点のクロークで荷物をお預かりできます。バッグなどに1つにまとめて荷札をつけてお預けください。 なお、貴重品は入れないようにお願いします。預けた荷物はゴール後(もしくはリタイア後)までは受け取れません。

フィニッシャージャージ

見事に完走した方は、The PEAKSラウンド5フィニッシャージャージ(通常版もしくはマイキャラ版)を購入することができます。真の変態坂バカだけが手に入れることができる栄光の証しですので、ぜひご購入ください。
またラウンド1〜5までのいずれかの3ラウンドに完走した方は、さらに特別のThe PEAKSトリプルクラウン達成者としてThe PEAKSサイトにてその栄冠を称えるとともに、最強の坂バカの証しとなるThe PEAKSトリプルクラウンジャージ(マイキャラ版のみ)を製作/購入できます。

エントリー種別とエントリーコード、参加費 (ゴールは18:00まで)

エントリー種別 スタート時間(制限時間)・距離 スタートルート エントリーコード エントリーフィー
A. 一般エントリー 5:30スタート (12時間30分)
193km/5154m up
1 A1 15,000円
2 A2
3 A3
4 A4
B.変態割エントリー 6:30スタート (11時間30分)
193km/5154m up
1 B1 14,000円
2 B2
3 B3
4 B4
C.ド変態増しエントリー 6:30スタート (11時間30分)
226km/6196m up
1 C1 13,000円
3 C3

※エントリー時に、スタートルート(スタートしてから最初に向かうルート)を4つの中から選択してもらいます。エントリー後のスタートルートの変更はいかなる場合でもお受けできませんので、くれぐれもよく考えて選択してください。

ラウンド5完全攻略のためのワンポイントアドバイスはこちら(新しいウインドウで開きます)

『変態割』とは

一般エントリーと全く同じコースを1時間遅いスタートで走ってもらいます(ゴール制限時間は一般エントリーと同じなので、制限時間が一般エントリーよりも1時間短い11時間半になります)。
The PEAKSの過去のラウンドで完走経験のあるツワモノの方のスタンダードとして、この変態割でのエントリーを推奨いたします。
変態割を選んでくれたツワモノへの特典として、エントリーフィーが1,000円割引になり、さらにヘルメットに貼って自分の強さを誇示できる「変態」ステッカーもプレゼント
一般エントリーで1時間以上余らせて余裕で完走できてしまい、「今回のラウンドは楽勝だったな」と結果論で吠えることは誰でもできます。真の変態坂バカなら、はじめから1時間制限時間の短い「変態割」で自分を縛ってこそです。過去のラウンドでの完走経験者の皆さんは、ぜひ勇気を誇示しましょう!!

『ド変態増し』とは

ド変態増し 226km/6196m up (11時間30分)

ド変態増し専用 コースデータ(ルートラボ)
ド変態増し専用 コースデータ(Ride with GPS)

ラウンド4で初登場した「ド変態割」がさらに進化したのが「ド変態増し」です。
スタート時間と制限時間は「変態割」と同じ。しかし「たった1時間制限時間がキツイくらいなら、全然大したことはないね、楽勝すぎるでしょう!」という、さらに上をいくド変態の方のために、麦草峠から松原湖までの東側の往復、走行距離33km、獲得標高1042mのコースを「増し」にした特別メニューを用意しました。
変態割くらいでは満足できない真のツワモノ、トリプルクラウン達成者の方をはじめ、坂なんてどれだけ増えても全然大丈夫!というクレイジーな方には、ぜひチャレンジしていただきたいのがこの「ド変態増し」です。『コースは増しても時間は増さない』という超ハードな設定なので、玉砕も覚悟、の上で挑んでください。

ド変態増しを選んでくれた真のツワモノへの特典として、エントリーフィーが2,000円割引になり、さらにヘルメットに貼って自分の強さを誇示できる「ド変態」ステッカーもプレゼント
ド変態イベントThe PEAKSの、さらに頂点となるド変態の極み、であるこの栄えある無謀(?)なチャレンジに挑んでくれる方を募集します。
なお、ド変態増しの方については、コース追加部分の松原湖の折り返しポイントの制限時間の都合で、スタートコースは1か3しか選択できません。どちらかを選択するようにしてください(1を選択した方は、1を往復した後は3に向かってもらうことになります)。

定員 ※先着順でのエントリー受付

募集人数 360名
1スタート(ABC合計)100名
2スタート(AB合計)80名
3スタート(ABC合計)100名
4スタート(AB合計)80名

※すでに昨年中止になったラウンド5にエントリーした方だけを対象にした特別先行エントリーが終了しており、募集人数の半数近くは埋まっていますので、エントリーご希望の方はくれぐれもお早めに!

参加資格

健康なサイクリスト(16歳以上。18歳未満の場合は保護者の同意が必要)
「完全自己責任・事故対応の個人ライド」が基本になります。国内最高峰のハードな山岳ロングライドイベントで、コース案内はないので、走力と精神力とともにコースを自分で判断して走る技術力を持つロードバイクライダーを対象とします。また事前のバイクの整備を十分に行い、大会中はパンク修理を含む走行時のバイクトラブルへの対処や、体調に応じた対処を行えるスキルを必要とします。

問い合わせ先

thepeaks-r5@longridefan.com


一緒にThe PEAKSを作りませんか!
The PEAKSラウンド5 ボランティアサポートスタッフ募集!
wanted-staff

9/1開催のラウンド7にサポートスタッフとして協力していただける自転車乗りの方を募集します。
8/31〜9/1まで1泊2日(もしくは9/2までの2泊3日)で蓼科女神湖でのイベント開催を手伝ってくれ、一緒に日本最強!最悪!のイベントを作ってくれる方、The PEAKSに参加者として参加するのは無理だけど、でもこの変態イベントを盛り上げるメンバーの1人として、私たちと一緒に変態坂バカサイクリスト達のお世話をしてみたい方、ぜひご協力ください。

<資格>
20歳以上のサイクリストで参加者とのコミュニケーションが取れる方。
他のスタッフと協調して作業のできる方。男性でも女性でも可。
参加者の方のご家族やご友人も大歓迎です!

<条件>
8/31〜9/1まで1泊2日(もしくは9/2までの2泊3日)で長野県蓼科に滞在できる方。
あまり遠方からではない方(東京都内方面からはスタッフカーに同乗して現地までの往復可能です)
1泊2食(もしくは2泊4食)付き+前日昼食(当日昼食はAS補給食)
現地まで各自で来られる場合は、交通費は自己負担でお願いします。
(到着時間等はご相談に応じますのでお気軽にどうぞ)

<内容>
前日受付や当日はエイドステーション等の運営スタッフとしてイベントの進行補助をしてもらいます。

<謝礼>
スタッフTシャツやサイクルキャップ、参加賞等ノベルティグッズを進呈いたします。

スポンサードリンク

コメントする

PAGE TOP