The PEAKSラウンド5蓼科、結果発表!

お待たせしました。

2019年9月1日に開催されたラウンド5蓼科の集計結果と、新たにトリプルクラウン(3回完走)の栄冠に輝いた方、並びに今回の完走で、4回目と5回目の完走をもぎ取った方、そして見事にプラチナクラウン(6回完走)の偉業を達成された皆さんの栄誉を讃え、ここに発表したいと思います。

<The PEAKSラウンド5蓼科 集計結果>

全出走者数 260名
総完走者数 167名
完走率総計 64.2%

1. 一般エントリー
出走者数  192名
完走者数  131名
完走率   68.2%

2. 変態割
出走者数  28名
完走者数  22名
完走率   78.6%

3. ド変態増し
出走者数  40名
完走者数  14名
完走率   35.0%

ライドコンディションとしては絶好に近い天候だったにもかかわらず一般エントリーの完走率が低かったのは、The PEAKSのハードさを初めて体験するチャレンジャーが多かったことによるかもしれませんし、ライド中にスタート/ゴール地点そばを通過する機会が途中にあったことで、そこで途中終了しやすかったことによるのかもしれません。

またド変態増しの完走率が低かったことは、厳しい時間制限と、それをクリアできると過信してエントリーした方や、コースや制限時間設定を十分に考えることなく無条件にド変態を選んでしまった方が多かったことによるものかもしれません。
(開催概要ページに『コースは増しても時間は増さない』という超ハードな設定なので、玉砕も覚悟、の上で挑んでください。」と書かせていただいたのですが・・・。)

The PEAKSの基本はあくまでも一般エントリーです。
一般エントリーでも、変態やド変態エントリーでも「同じ完走」としてその価値を区別しないのは、そのためです。
あくまでも「変態」や「ド変態」の設定は、楽な設定ではどうしても満足できない!自分自身を縛ってギリギリの勝負を挑みたい、という方のセルフチャレンジのためのものです。
ゆるくしてしまうときっと満足いただけないでしょうから、今後も痺れるチャレンジになるよう、厳しい設定でいきたいと思います。
くれぐれも十分に考えてからエントリー種別を選んでチャレンジしていただければ幸いです。

続いて見事な偉業の達成者を発表します。

<トリプルクラウン達成者>(敬称略。順不同)

★★★ラウンド5にて新規トリプルクラウン達成者(3回完走) 22名
ーーーーーーーーーーーー
井口 耕二 (東京都)
加瀬 哲  (新潟県)
嶋津 歩  (愛知県)
嶋津 将人 (愛知県)
清水 英美 (長野県)
庄司 剛  (三重県)
高柳 攻二 (神奈川県)
立原 正俊 (茨城県)
中重 雄史 (神奈川県)
中津 利秋 (千葉県)
西村 一秀 (静岡県)
羽島 英雄 (千葉県)
福山 良彦 (埼玉県)
細川 雅司 (東京都)
水谷 駿介 (広島県)
光川 隆司 (福井県)
宮下 良太 (長野県)
村山 和裕 (東京都)
山口 勝秀 (神奈川県)
山崎 真  (東京都)
横内 雅也 (福井県)
渡辺 武士 (東京都)

★★★★ラウンド5にて4回完走達成者 13名
ーーーーーーーーーーーー
小幡 達也 (新潟県)
菊地 哲  (東京都)
黒沢 雅志 (茨城源)
齋藤 義隆 (茨城源)
笹  欣博 (神奈川県)
塩田 隆一 (東京都)
堀 伸幸  (福井県)
本田 浩一 (栃木県)
松村 隆史 (兵庫県)
三浦 雅樹 (岐阜県)
矢島 弘之 (神奈川県)
山田 和也 (神奈川県)
綿野 久美子(埼玉県)

★★★★★ラウンド5にて5回完走達成者 14名
ーーーーーーーーーーーー
稲村 太郎 (埼玉県)
大澤 敏道 (埼玉県)
太田 浩司 (愛知県)
落合 哲晴 (東京都)
河田 徹也 (神奈川県)
木邑 賢二 (大阪府)
佐藤 康明 (神奈川県)
野島 隆志 (新潟県)
長谷川 綾 (東京都)
丸山 聡司 (東京都)
宮本 亘  (埼玉県)
村松 秀昭 (東京都)
持田 雅明 (埼玉県)
雪野 真一 (埼玉県)

★★★★★★ラウンド5にて新規プラチナクラウン達成者(6回完走)
ーーーーーーーーーーーー
池浦 浩彦 (長野県)
岡田 幸平 (東京都)
倉林 純一 (東京都)
賢賀 雅紀 (東京都)
田巻 敦  (埼玉県)
室住 竜哉 (静岡県)

新規トリプルクラウン達成者の皆さん、おめでとうございます。
また前回のトリプルクラウン達成からさらに今回の完走を加えて4回もしくは5回完走された皆さん、そして今回の完走で開催された6ラウンドを全て完走しプラチナクラウン(6回完走)の素晴らしい栄冠に輝いた6名の皆さんもおめでとうございました。

さて、The PEAKS、次のラウンドは2020年5月24日(予定)にラウンド6熱海を開催します。
昨年(2018年)悪天候のために開催中止となったラウンド6のリベンジステージなので、昨年のラウンド6にエントリーした方の割引エントリーも行います。
最高標高1000mに満たない伊豆だからこその「激坂満載ステージ」でまたお会いしましょう!!

P.S. 今回完走された方全員に、ラウンド5フィニッシャージャージ(通常版とマイキャラ版)やトリプルクラウンジャージ(マイキャラ版のみ)、プラチナクラウンジャージの製作ご案内を近日中にメールさせていただきますので、お待ちください。
なお、今回完走しなくても、すでにトリプルクラウンを達成している方は、ご希望があればいつでもトリプルクラウンジャージを製作できますので、mcaオンラインでお申し込みください。

mcaオンライン The PEAKS トリプルクラウンジャージページ

スポンサードリンク

コメントする

PAGE TOP